FC2ブログ

世界自然紀行

日本、そして世界の植物をめぐる旅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
先週土曜からの三連休、月曜は仕事があったのですが休ませてもらって、日本自然保護協会の「自然観察指導員講習会」というものに行ってました。津市の青少年野外活動センターで、二泊三日という日程でした。

なにそれ?って感じですが、要するにまあ、「自然保護活動のキッカケとして、まずは自然を"観"てもらうことから始めよう」という理念のもとに、自然観察会などを行う指導員を養成する、というようなものです。日本自然保護協会の歴史や活動内容はウェブサイトを見ていただければと思います。

なぜこういうものに興味を持ったのか、ということなんですが、まずやはり、僕は野生植物の写真を撮ったり山に登ったりすることに生きる喜びを感じているわけで、現在の自然環境には僕なりに危機感を抱いているんですね。そんななかで最近思うのが、僕たちには子供たちに「生き物を採らずに楽しむ」方法を伝える責務があるんじゃないか、ということです。僕なんか、子供の頃はおじいちゃんと一緒にカブトやクワガタを見つけたらホイホイ採ってたし、タガメやイモリも採ったりした。こういうのって、本当は大切な体験だと思うんですね。採るのって、なにか根源的な喜びがあるんですよ。でも今の時代、それを我慢しなくちゃいけない。そんな我慢の時代をもたらした上の世代の人間が、「これは絶滅危惧種だから採っちゃイカン」というだけでは無責任じゃないですか。採らずに生き物を観て楽しむ方法を教えてあげなくちゃいけない。この自然観察指導員は、そんな僕の思いとよく一致してたんです。

そしてもうひとつ。僕と同じように自然の中で活動することの喜びを知っている人、そしてその自然に危機意識を持っている人と、繋がりを広げられるかな、と思ったのです。

内容はですね、座学から実習まで盛りだくさんでした。期待していた以上に収穫が多かったです。こういうのって、植物や動物の名前なんかをやたらと覚えさせられそうなイメージがあるんですが、そういう講義じゃないんですね。観察会の参加者に、生き物に触れたり、嗅いだりして、より近づいて観察してもらえるような、そんな案内ができるような方法を学ばせたいというのが伝わってきました。その辺が非常に勉強になりました。そしていろんな人と出会えました。年の近い人とも知り合えたし、実際に県内で指導員をしておられる方ともたくさんお話しできました。結構ハードな日程だったのですが、行ってよかったなと思ってます。



さて、講習会の翌日の火曜日からなんですが、自転車通勤を始めました!片道約12キロ、35分ほどの道のりです。べつに環境意識に目覚めたから、ってわけじゃあないです。月曜日の夕方、ジムニーを車やに預けてきたんですね。例の振動があまりにひどくて、まともに走れない状態なので、「代車はいらないから」と預かってもらってきたのです。いやあ、自転車通勤二日目でもう嫌気がさしましたね。いつまで自転車通勤するはめになるのやら・・・と思ってたのですが、金曜日の夕方に修理完了の連絡が来ました。やはりトランスファーに入るプロペラシャフトのユニバーサルジョイントが逝ってたそうです。振動は完全に消えまして、久々に気持ちよく(板バネの突き上げ、うるさいマフラーは愛嬌)乗れてホッとしてます。めでたし。・・・というわけで、4日で終了となった自転車通勤ですが、車と大差ない通勤時間で行けることがわかったので、これからも週に一度くらいは自転車使ってみようかな、なんて思ってます。
スポンサーサイト

私も興味があって、講習会に参加したいと思っていたの。
子供を産んで育てていると確かにいろいろ考えることがあって。

来年はダンナ様に子供らを預けて行ってみようかな。
あえて岐阜会場に。

2009.12.03 11:13 URL | マリエ #- [ 編集 ]

おおっ!ぜひ参加してみてよ!
いろんな人と知り合えるし、ほんと良い経験になると思うよ~!

2009.12.03 20:33 URL | corona #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://littlejourney.blog67.fc2.com/tb.php/252-487a2887

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。