FC2ブログ

世界自然紀行

日本、そして世界の植物をめぐる旅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
いや~我ながらよく滑ってます!
今年に入ってから毎週末どこかしらへ滑りにいってて、皆勤賞です(笑)

先々週末はフォークリフトの講習を受けにいっててスキーに行けなかったのですが、週明けの15日が休みだったので、以前バイトしていた先で一緒だったIさんと、揖斐高原という西濃のこれまたローカルなスキー場へ出かけました。この日は朝イチはうっすら新雪が積もっていいコンディションだったのですが、すぐに雨に変わってベトベトとブレーキのかかるどーしよーもない雪になっちゃいました。雪はイマイチでしたが、Iさんとの初セッションを楽しめました。

そして先週末!20、21の土日で、バックカントリーツアーを満喫してきました!

ナカオくん、まっちゃん、サクちゃん、僕のテレマーカー四人で、まずは土曜日、白川郷へ。東海北陸道が事故で通行止めだったりして到着が昼過ぎになってしまったのですが、現地で正月以来となるカツシマくんと合流。白山から延びる、とある尾根の斜面へ向かいました。

しんしんと雪の降るなか、シールをつけたスキーでブナ林の急な尾根を登っていきます。雪は軽くてさらさら。滑りの期待が高まります。先行者のトレースが使えたのですいすいと高度を上げ、2時間ほどハイクアップした地点から滑り降りることにしました。

林が開けた気持ち良さそうなシュート(沢地形)に、まずはナカオくん、サクちゃんがドロップイン。すんげーパウダー!スプレーがばしばし上がってます!で、僕の番がまわってきました・・・ひえ~、緊張するなぁ。いや、気持ちで負けちゃイカン。えいっ!・・・と斜面に飛び込むと・・・すごいっ!やばいっ!足下で板がバフッと浮いて、スプレーがぶわっと視界を覆う!テレマークターンは決めれなかったけど、なんという気持ちよさ!最高です!

麓までパウダーを満喫したら、白川郷の温泉につかり、ライトアップ期間中の合掌集落を散策して富山方面へと向かいました。そして夜はカツシマくんの実家にお世話になり、カツシマくんの両親も交えて酒宴で盛り上がりました。

翌日曜日は立山山麓のバックカントリーエリアへ向かうことにしました。天気は快晴で素晴らしい山日和。

スキー場のゴンドラでゲレンデトップへ向かいます。・・・むむ、スキー場のパトロールのお兄さんたち、なんか変なブーツ履いてるぞ!?・・・スカルパのTレース!!何だこの人たちは!?・・・なんとこのスキー場、パトロールのほとんどがテレマーカー!そーいえばワックスおじさんのブログにそんなこと書いてあったっけ。

ゲレンデトップからはシールでブナの尾根を歩きます。真っ青な空、真っ白な雪にブナの木漏れ日。谷の向こうには毛勝三山、立山連峰。歩いてるだけで気持ちいいです。30分ほど歩いたところで素晴らしい斜面が出てきたので、そこを滑り降りることにしました。

IMGP5792.jpg
僕らが滑った斜面。美しいです。

IMG_9313.jpg
常に人柱役をかってくれたナカオくん。カツシマ撮影。


まずは人柱としてナカオくんがファーストラン。この斜面も最高のパウダーで、めちゃくちゃ気持ち良さそうに滑っていく!・・・けど、滑り出しがおっそろしく急。セカンドで僕の番がまわってきましたが、完全にビビっちゃってます。・・・うん、最初さえ乗り越えれば、気持ちのいい滑りがまっているに違いない!よし!

IMG_9325.jpg
へっぴり腰のアルペンターンで滑る僕。カツシマ撮影。


尾根からの急な滑り出しを抜けると、そこは真っ白なオープンバーン!雪のなかに飛び込んでいくような気分!この緊張感と幸福感!思わず声を上げてしまいます!圧接されたゲレンデを滑るのとは全くちがって、底のない雪の上を板に乗って流れ落ちていくような感覚・・・たまりません!

IMGP5823L.jpg
キャーキャー悲鳴(雌叫び?)をあげながらも気持ち良さそうなサクちゃん。

IMGP5862L.jpg
まっちゃんは新兵器セスビシャスを駆って華麗な滑りを見せる。

IMGP5883L.jpg
弾丸のようなカツシマくんの滑り。ほとんどターンしてないし(笑)


素晴らしい斜面だったので、尾根まで登り返してもう一本行くことにしました。みんな多幸感に包まれてるので(笑)、辛い登りの途中も見るものが全て美しく見えます。雪の上にのびる木の影。枝先から舞落ちる雪。

二本目も同じ斜面で、ラインを変えて滑りました。テレマークターンで滑ってやる!と気合いを入れてみたものの、あえなく転倒・・・。やっぱ難しいです。

IMGP5902.jpg
笑顔がステキ(笑)

IMGP5944L.jpg
腰まで埋まってますが、滑ってるんです。

IMGP5961L.jpg
カツシマくん、全身スプレーに包まれてめっちゃかっこいいです。


二本目を滑り終えて、さてどうするか?ということになりました。もう一度尾根まで登り返してゲレンデトップへ戻るのが妥当・・・けど登るのは疲れるし、このまま下まで滑り降りれたら最高じゃないか。ということで、地図を見ながら麓まで下ることにしました。・・・よくない判断ですね。雪山に限らず、山では「沢に降りるな、尾根を登れ」というのが鉄則。・・・案の定、かなり困難な滑降、というかクライムダウン?になりました。ガリガリの氷を滑り降り(落ち)たり、ツリーホールにはまったりと、楽しかった滑りの記憶が吹き飛ぶような緊張感の連続でした。それでも的確な読図とみんなの行動力で、なんとか麓の林道へ復帰。無事に下山できてよかったぁ~!とみんなで抱き合っちゃいました。

最後は悪夢のようでもありましたが(笑)、こんな感じで最高の二日間でした!ゲレンデで遊ぶのも悪くないですが、自然のフィールドのなかにはやはりライブ感があります。その日そのときにしか味わえない空気、光、そして雪。テレマークをやっててよかった!山をやっててよかった!
スポンサーサイト

いいね、いいね~。楽しんでいる様子が文面からひしひし伝わってきます。
最近の私達はパンケーキつくりや果実酒つくりとインドア傾向にあるので、これからもアウトドアー!な写真いっぱい載せて下さい♪
では、また会う日まで。

2010.02.28 11:44 URL | おおわだ #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://littlejourney.blog67.fc2.com/tb.php/266-9a5fcfac

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。