FC2ブログ

世界自然紀行

日本、そして世界の植物をめぐる旅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
このところ写真展の準備に追われて花の撮影に行けてなかったので、今日はめいっぱい花を見てきました。
実は24日からゴールデンウィークに入ってしまっているのです・・・。
こうして平日に出かけられるのはいいですが、これじゃあ旅の資金が貯まらないですね・・・。

今日のテーマ(そんなの今まで無かったぞ?)は「日本のまんなかで生物多様性を考えよう!」。
というわけで、306号を鞍掛峠方面へ走り、まずは御池岳の中腹に立ち寄りました。

IMGP7291.jpg
フタバアオイ
この場所で葉っぱは何度も見ていたけど、花のタイミングにあったのは初めて。

IMGP7284.jpg
おっと、ウスバサイシンも生えてるじゃないですか。今回はじめて気づきました。

IMGP7288.jpg
ナガバノスミレサイシン
花が終わってるものが多くて、いい写真が撮れなかった。
でも今回のテーマに欠かせない花なので、ご登場いただきました。


ふむふむ。
日本海側に分布するスミレサイシンに対して、ナガバノスミレサイシンは太平洋側に分布。
つまりここは太平洋側なんですね。
でもウスバサイシンはどちらかというと内陸に多いような気がしません?
フタバアオイと同所的に生えてるのもおもしろいですね。
さらに、花は終わりかけでしたが、こんな道ばたにミノコバイモもありました。
こいつは東海地方の固有種です。
こんな顔ぶれが揃うのって、鈴鹿山脈でもこのあたりだけじゃないでしょうか。
どうです?「日本のまんなか」っぽいでしょ?


さらに車を走らせて、伊吹山の中腹へやってきました。
時間短縮のために麓からMTBで登ったのですが、久々に乗ると辛かったぁ。
ほとんど押し歩きでした。

IMGP7303.jpg
ミヤコアオイ
こちらは西日本に分布。

IMGP7361.jpg
写真が悪いですが、スズカカンアオイです。
こちらは東海地方に分布。

IMGP7318.jpg
今日のお目当て、アケボノスミレ。
今年は咲くのが遅かったようで、二年前よりもいい状態の花が見れました。
でも大好きなスミレなので、もっといい群落に出会ってみたいです。
この娘は内陸よりに分布するスミレです。

IMGP7316.jpg
カタクリも満開。


ミヤコアオイとスズカカンアオイが同所的にあって、さらにアケボノスミレがあるなんて、これまた「まんなか」っぽいです。
ヒゴスミレもきれいに咲いてました。

さて、お昼をまわったので、次の場所へ向かいましょう。
イチリンソウ、イカリソウが満開の伊吹山麓を過ぎて、さらに山奥の豪雪地帯へ。
・・・ここからがまた面白いんですが、「次回へつづく」で
スポンサーサイト

アケボノスミレ、かわいいですね。いいなあ。
そうそう、ふと思ったんですけど、カンアオイってどんなポリネーターが来るんですかね??

2010.04.27 05:08 URL | つちまつ #- [ 編集 ]

カンアオイはキノコバエじゃなかったっけ?
うんうん。「植物の世界」の情報だから古いけど、タマノカンアオイ、アマギアオイはキノコバエだと書いてある。
萼筒(calyx tube)の内面にある襞をキノコの襞と勘違いして、キノコバエが産卵に来て花粉をくっつけてくらしい。
他のカンアオイも萼筒内壁に襞があるから、同じじゃないのかな。
チャルメルそうといいカンアオイといい、へんなやつらだよね。

2010.04.27 19:05 URL | corona #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://littlejourney.blog67.fc2.com/tb.php/274-bdc040bb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。