FC2ブログ

世界自然紀行

日本、そして世界の植物をめぐる旅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
11月6日は竜ヶ岳へ行ってきました。
・・・ここんとこ6週連続で山行ってますねw

今回は長野の安曇野から、大和田夫妻が写真展がてら遊びにきてくれたので、
二人にぜひとも鈴鹿を楽しんでもらおうと、この山を選びました。
大和田さんと知り合ったのは南米、アルゼンチンのブエノスアイレス。
山好きなお二人とすっかり気があって、
その年の年末年始をチリのプエルト・モンで一緒に過ごし、
さらにボルカン・プジェウエという山を一緒に登ったのでした。
そんなお二人とは帰国後も、何度か再開。
昨年末から今年の正月も、安曇野の自宅にお世話になりました。

さて、そんな親愛なるお二人が遊びにきてくれたので、
今回は鈴鹿のなかでも僕が一番好きな竜ヶ岳を選ぶことに。
コースは裏道~山頂~表道です。
実は昨年も秋の紅葉を見に登ってるのですが
変化にとんだ登山道と山頂部の笹原が美しくて、何度登っても飽きません。
今回も紅葉はバッチリでした!

そして今回は、D300sのレンズを単焦点のAi-S 28mm一本で勝負することに!
・・・そう、先週の御在所でSP17-50VCをぶっ壊したからです。
でもこれも大正解!
久々に単焦点一本で撮ると、写りの美しさに目が覚めます。
色乗り、ヌケの良さ、ピントのキレ、どれをとっても素晴らしい。
そして限られた画角で構図を決めないといけない、そのシバリが楽しい。
・・・ま、ドMってことですなw
画像が小さいので伝わりにくいですが、お楽しみください。


101106b.jpg
登りだしは、ちょっとたいくつなスギ林。ルートの地図が整備されてます。

101106c.jpg
この変化にとんだ登山道が、竜ヶ岳の魅力のひとつ。

101106f.jpg
沢の源頭部まで来ると自然林に。

101106g.jpg
紅葉の木々が出てきました!

101106h.jpg
林を抜けて笹原に入ります。
1000m級の山とは思えない雰囲気に、二人も驚いてました。

101106k.jpg
稜線に出ました。
シロヤシオが赤く染まる笹原の向こうに竜ヶ岳。

101106l.jpg
他の山ではたぶん味わえない、最高の景色。

101106n.jpg
広々とした山頂に到着。かすんでて展望はいまいち。

101106p.jpg
下山路。笹の海へ飛び込んでゆく。

101106s.jpg
石榑峠への下りは、けっこう急。

101106t.jpg
ナントカ岩・・・忘れた。

101106w.jpg
シロモジ?の黄葉。

101106y.jpg
美しい。山頂から峠まで、全面的に紅葉してます。

101106-b.jpg
表道は、さらに変化が多い登山道。

101106-c.jpg
滝や沢の徒渉が何度も出てきます。
お二人もこの歩きごたえのあるコースに満足してくれた模様。
ぜひまた来てくださいね!
スポンサーサイト

ナントカ岩は「重ね岩」だよー。

いやー、思い返してまだニヤニヤしてしまう程、楽しい山遊びでした!

Gracias por todo.

2010.11.08 22:31 URL | ひろぴん #- [ 編集 ]

重ね岩かぁ。御在所にもナントカ岩がたくさんあって、わからなくなってしまったw

どうも長旅ご苦労様でした!De nadaですよ。そっちへもまた遊びにいきますね。

2010.11.09 20:31 URL | corona #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://littlejourney.blog67.fc2.com/tb.php/302-c0941b58

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。