FC2ブログ

世界自然紀行

日本、そして世界の植物をめぐる旅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
DSC_8767.jpg
今回の旅で悪路をともにしてくれた相棒、ダイハツTERIOS(=ビーゴ)。
コンパクトながらも走行性能・室内空間ともに優秀だった。
撮影地はナミビア南部、Karasburgの近くで、Nama Karooという夏雨半乾燥植生になる。
冬雨の南ア西部とちがって、ここでは緑が茂っているのが印象的。


今回は移動経路にまつわる話。

まずは空路。
これは前回(2008年)、前々回(2006年)と同様、
名古屋からシンガポール空港を使った。
乗り継ぎはシンガポールのチャンギ空港で一回。
その後、ジョハネスバーグを経由して、ケープタウンに到着する。

名古屋・シンガポール間は約7時間、
シンガポール・ジョバーグ間は9時間くらいなんだけど、
何が長いかって、シンガポールでの乗り継ぎ待ちがとにかく長いのだ。
行きで9時間、帰りにいたっては18時間もの待ち時間がある。

そんなわけで、空港についたらさっさと街へ出て、
ぶらぶら食べ歩きすることにしてる。
前回も書いたけど、シンガポールは「食」に活気があって、
食べ歩きをしてて飽きる、なんてことがない。
毎回必ず食べるのは、マンゴスチンという果物(「果物の女王」なんて呼ばれてる)。
日本ではなかなか手に入らない、この美味な果物が、
簡単に、手頃な値段で手に入るから嬉しい。
・・・旅の一番の楽しみは、シンガポール観光だったかもしれない(笑)

ところで、南アまでの飛行機の機種はというと・・・(航空機マニアではない)
名古屋・シンガポールがエアバスA330-300、
シンガポール・南アがボーイングB777-200。
・・・今回思ったけど、断然A330が好きだ!
理由は座席のレイアウト!
B777が3-3-3なのに対して、A330は2-4-2。
えーっと、ようするにね、B777で窓側席に座ってしまうと、
席を立つときに見知らぬ人を二人も跨いで行かないといけないわけ。
これがすっごい苦痛で、精神的な圧迫感を感じる。
ま、はじめっから通路側を指定すればいいんだけどね。

・・・と、空路の話が長引いちゃった。
現地での車移動についてはまた次回にします。


DSC_8838s.jpg
リトープス・オリバセア(ハマミズナ科)
Lithops olivacea, AIZOACEAE
南ア北西部のブッシュマンランド地方に自生する多肉植物。他の多肉植物がブッシュの陰に生えることが多いのに、こいつらはかんかん照りの、本当に過酷な環境に生えているからすごい。透明な「窓」の色や模様が個体ごとに違って、宝石のような美しさに見とれてしまった。
スポンサーサイト

お帰り。綺麗な風景やね。目的の花が撮れたみたいで何より。
でもそんなけんちゃんでもシンガポールの散策も旅の大きな要素を踏まえているとは意外な感じで良かったです。僕も最近ブログ始めました。またみてちょん。

2011.04.06 22:50 URL | isa #- [ 編集 ]

空にやられました♪

2011.04.06 22:57 URL | katumi #- [ 編集 ]

ブログ見たよーん。
これからいろんな作物の生長が見れると思うと、楽しみやね!

2011.04.07 20:44 URL | corona #- [ 編集 ]

空もいいけど、星空もすごいんだよね。
次回は植物+星空を狙ってみたい。

2011.04.07 20:47 URL | corona #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://littlejourney.blog67.fc2.com/tb.php/318-20debf6a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。