FC2ブログ

世界自然紀行

日本、そして世界の植物をめぐる旅

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
前回のつづきで、連休中の花めぐり。

5月3日、伊吹山北尾根を諦め下山したあと、一路、長野へと向かった。
高速道路代をケチって19号を走り、南松本あたりのネットカフェで一泊。
翌4日、岡谷、諏訪方面へスミレの花を探しに出かけた。


DSC_2689.jpg
大好きなアケボノスミレ。
このあたりなら、わんさか生えてるんじゃないか・・・
と期待して高ボッチ周辺をまわってみた。
たしかに、個体数は多い。
明るい落葉樹林なら、どこにでも咲いているというくらいよく見かける。
けど、期待していたほどの群落は見つからなかった。


DSC_2710.jpg
開花したばかりのヒトリシズカ。
まだ葉を展開しきっていないこの姿は、なかなかキワモノ的。
このあたりでは他に、ヒナスミレ(どこにでもある)、エイザンスミレ(一ヶ所だけだった)、
ヒカゲスミレ、フクジュソウ、セツブンソウ(葉っぱ)などを見かけた。



見たかったスミレにも出会えたので、さらに北上して安曇野へ。
いつもお世話になってる大和田夫妻のお宅に泊めてもらうことにした。
昨年の秋に三重に来てくれて以来の再会なので、話も盛り上がり、楽しい夜になった。
う~ん、大和田さん、ほんといいとこに住んでるなぁ。
おれもいつか長野に住みたいぞ。

5月5日は、ヒロコさんの友人も誘って、4人で白馬方面へ出かけた。


DSC_2746.jpg
まずは落倉のミズバショウ。
久々に見るけど、やっぱりいい。
新緑と残雪がそのまま命を宿したような色彩。
清々しい美しさだ。


DSC_2876s.jpg
キクザキイチゲは、もうどこにでも咲いている。
それでも、群落を見かけるたびに感嘆の声を上げてしまうのだ。
写真のように青みの強い個体も多い。
八方尾根近くの林道では、この他にカタクリ、スミレサイシン、エンレイソウなどが見られた。



安曇野までの帰りみち、まだ時間があったので姫川源流域にも立ち寄った。
ここではフクジュソウ、アズマイチゲ、キクザキイチゲが見頃だった。

なんだかんだで、毎年のように訪れている春の信州。
地元では山深くへ行かないと見れないような花が、人里近くで、ありふれて咲いているのがいい。
何度訪れても飽きない。
大和田さん、今回もありがとう!


DSC_2968.jpg
スポンサーサイト

おぉ~~~。
what a wonderful photos!!

ヒメオドリコ、ザゼンソウも愛らしかったな。
信州移住しちゃえ~。

2011.05.17 21:30 URL | ひろぴん #- [ 編集 ]

けんちゃんはすごく文化的だ。

2011.05.19 01:03 URL | 田貸し #- [ 編集 ]

>ひろこさん
この前は遊びにきてくれてありがと!
次はそっちの山ね!

>たかし
おっす!
文化的・・・
「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の・・・」
ってやつか。
うーん、文化的っていうか、思いのままにって感じやろか?

2011.05.29 00:57 URL | corona #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://littlejourney.blog67.fc2.com/tb.php/323-e4801fee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。